スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発停止運動について考えてみた

ここのところの群発地震を受けて、浜岡原発の即時停止を求める運動が起きているようですが、これについて少し考えてみたいと思います。ただし私には定量的な議論を展開するだけの知見はないので、すべて素人の憶測にすぎないことをお断りしておきます。

まず浜岡原発の即時停止を求める根拠について、多くの方は「事故が起きたときの放射能汚染が怖いから」ということを言われると思います。が、どんな事故が起きたときに、何がどのくらい問題なのか分からずに、いや分からないからこそ不安に駆られて、声を上げているのではないでしょうか? 実際のところ、私もよくは分かっていません。

このような状況で、感情論に任せての運動が大きくなり、もしもその世論に押されて浜岡原発が停止したとしたら、それで事態は収まるのでしょうか? おそらくそうはならず、逆に「それみろ、やっぱり原発は危ないんだ」となり、日本中のすべての原発を停止させる運動に発展することは目に見えています。現に日本中の原発を止めろという意見の方はすでにたくさんいるようです。

仮に日本中の原発を止めたらどうなるのかを、名古屋大学の准教授の方が考察されています。このブログ記事は、本文だけでなく、さまざまな意見の人たちによるコメントもとても考えさせられます。

さてこの記事によれば、電力消費を1985年の水準に戻せば原発まったくなしでもやっていけるとのことです。しかし、私には疑問が残りました。

まず、原発以外の発電所の稼動率が上がることにはならないのでしょうか。もし上げるとすればおそらく火力発電を真っ先に上げると思いますが、それに使う化石燃料が増えるとすると調達費用はどうするのでしょうか。エネルギー消費大国である日本でもし化石燃料の使用量が増えるとすると、単純にその増加分だけコストが増えるにとどまらず、燃料の単価自体が吊り上がると思われます。その分だけ電気料金が大幅に上がるのではないでしょうか。そうなれば、1985年の水準どころでは済まなくなります。

また、原発以外の発電所の稼動率を上げなくて済むとしても、1985年当時の電力消費量まで節電する必要はあります。これを即時実行することが可能なのでしょうか? 東電管内の計画停電だけで混乱が起きているのに、これが日本全国に広がれば、さらなる大混乱が起きることは明白だと思います。これによって国全体の機能が麻痺することになるのではないでしょうか?

私はもともと原発には積極的に賛成はしていません。必要悪というような認識です。無くて済むなら、無いほうがいいに決まっています。将来的には、代替エネルギーの開発をして、エネルギー消費を減らして、そして原発は無くすべきだろうと思います。

しかし、そのためには踏むべき段階があると思うのです。一つずつ議論を重ね、技術を開発しながら進めていくしかないのだと思います。

また、原発の危険性について感情的にならずに正確な認識を持つためには、電力会社や政府に正しい情報を公開していただくのと同時に、国民の側もちゃんと聞く耳を持たないといけないのだと思います。どんなに懇切丁寧に説明されても、聞く側が「分からない、理解できない」とだけ言って暴れていたのではすべて無駄になります。

そのためには学校教育も見直さないといけないのかもしれません。理科や算数は「実際に生きていく上で役に立たない」などと言われることもあったようですが、こういうときにこそ役立つのだと思います。

素人が憶測に憶測を重ねて書いた拙い文章ですが、何かの役に立てばと思い公開します。
スポンサーサイト

絵文字のテスト

i-mode絵文字:
Ezweb絵文字:
softbank絵文字:
絵文字エディター:

ブログとTwitterの比較(独断)

いまお世話になっている会社はご兄弟で運営されているんですが、お兄さんのほうがTwitterを、弟さん(社長)のほうがブログを始められたので、自分なりにブログとTwitterの比較をしてみようかと思います。(100%独断)

★ブログ
・ある程度まとまった内容を書くのに向いている。
・あまりにも短い内容だと読んだ人ががっかりするかも。
・書くのにそれなりの気合が要る。(通常のWebサイトほどではないが)
・基本的に書く人→読む人という一方通行的な面がある。
・情報を発信したい人向け。
・コメント欄が会話的になることもあるが、リアルタイムではない。
・ブログ上での人同士のつながりを感じることはあまりない。(コメント欄くらい)
・写真などを貼りやすい。
・数年前は新興メディアだったが、もうすっかり定着した。

★Twitter
・まとまった内容を書くのにはあまり向かない。
・もともと短くしか書けない。(長い内容は細切れになる)
・気楽に書ける。
・書きながら、他の人の発言も読む。双方向的。
・発信もするが、受信もたくさんしたい人向け。
・タイミングが合えば、リアルタイムに近い会話が発生することもある。
・参加者同士のゆるいつながりが特徴。つながってないようでつながってる。
・写真などは、別サービス(TwitPicなど)へのリンクを貼る形になる。
・現在、流行爆発中。

こんな感じでしょうか。うまく使えば、どちらも会社のアピールに有用だと思うので、細く長く続けるのがいいのではないでしょうか。

最後に、紹介を。

Webサイト:株式会社flame colour (Webデザイン、フォトスタジオ)
ブログ:フレカラsmart
Twitter:フレカラ (flamecolour) on Twitter

新しく会社を立ち上げた人の事務所にお邪魔した

以前、システム開発の仕事でご一緒した人が新しく会社を立ち上げて、もうすぐ新装開店ということで、事務所兼スタジオにお邪魔してきました。業種は、写真屋兼ホームページ制作といった感じのようです。

その事務所というかスタジオですが、もともとデザイナさん向けの住居という感じの建物らしく、ビルの外見も部屋の中もとてもしゃれた造りになっていました。その上、家具なども今まで見たことのないようなものばかりで、なにか異世界に来たような気分でした。

機材はiMac、MacBook Pro、iPhone、iPadなどのApple製品や高価なカメラもあり、「ああ、これからプロとしてやっていく人の環境だなぁ」と思わせられました。その他、デザイン関係や写真関係の本、雑誌がいろいろありました。

そういった中で午後1時すぎから7時ごろまでいろいろと話をしました。これからどんな仕事をしていくつもりか、人脈をどうやって作っているか、仕事をする上でどんなことに気をつけているか、などなど。ご一緒したプロジェクトの行く末がどうなったかとか、私の現在の状況(個人事業主として開業したけど開店休業状態)についてもいろいろと。

今日一日が終わっての感想は、一言で言うと「カルチャーショック」でしょうか。こんな世界もあるんだなぁ、と。

一緒に仕事をさせていただいたときから、「ものすごい問題解決能力が高くて、いざというときにめちゃくちゃ頼りになる人」(普段なかなか仕事をしてくれないけど)という印象でしたが、今回また全然違う側面を見た気がしました。ご本人は「落ち着きがない性格」とかおっしゃっていますが、本当に多才かつ行動力があり、大局観もあるのに細かいところもちゃんと見ているという人です。

改めて、すごい人だなぁと思うと同時に、自分のダメさ加減が思い知らされて、打ちひしがれる感じです。世の中こんなすごい人ばかりではないとは分かっていますが。
2月にお会いしたときに頂いたアドバイスから、一時期PHPなどを勉強しましたが、それだけでは全然これからの仕事を一緒にできるレベルになれないなぁと思いました。

ただ、どうあがいたところでその人と同じような能力、性格になるのは無理なので、自分のできることを地道に積み重ねていくしかないと思います。そして、そういう人とご縁があり、いまだにこうやって声をかけていただけることを感謝しつつやっていくつもりです。

(追記)
今、私がケータイ用のアプリ、特にAndroid用のアプリを手がけようとしていることも話したのですが、その人はiPhone/iPad用のアプリならアイディアがあるんだけどとおっしゃっていました。やっぱり一般受けを考えるとiPhone/iPadですよね、という話もしました。もし私がアプリを作るのに必要なら、Macとかの機材も貸すよ、とも言っていただきました。

たしかに需要を考えるとiPhone/iPadは無視できないのは分かっているんですが…。

実は私は一時期Mac miniとiPod touchを持っていたことがあって、アプリ作成を試みたんですが、Hello world程度をやっただけでそれ以上進めず挫折したんですよね…。Objective-CやInterface Builderなどの独特の環境に慣れなくて。Mac自体にも慣れられなかったですし。

その後、Mac miniとiPod touchは経済的事情により売っ払ってしまったんですが、なんとかして持っておいたほうが良かったのかな…。でも、持っていたとしてもiPhone/iPadアプリの開発ができるようになっていたかは微妙です。開発用アカウント関連のAppleの対応にうんざりしていたというのもありますし。

(追記2)
あと、「WordPressが使えるようになってくれれば、ホームページ作成関連の仕事が何かあるかも」とも言われたのですが、私は「WordPressってなんでしたっけ?」レベルだったので、道のりは険しいです。2月にPHPをちょっとかじったときも、Web関連プログラムの難しさに挫折しかけたんですよね…。

それと、PHPなりWordPressなりでどんなことができるようになっていればいいのか、がよく分からないです。雲をつかむような感じで…。この辺は技術だけの問題ではなくて、デザインとかアイディアとかビジネスとかいろんなものが絡んでくる気がするので、とても難しいです。

auオープンアプリで曲のループをなんとかする

auオープンアプリの環境でMIDIファイルをループ再生すると、ループの継ぎ目のところで間が空いてしまいます。

これはかなりかっこ悪いのですが、プログラム側でどうにかする方法が思いつかないので、逆に曲の最後を短く切ってタイミングを合わせてみることにしました。

何度か試行錯誤してみたところ、テンポ120の曲で、4分音符+8分音符+16分音符分だけ曲を短くすると、ちょうどいい感じにループできることが分かりました。(機種はW52CA)

たまたまだと思いますが、エミュレータでもほぼ同じタイミングだったので、実機を手放してエミュレータ環境だけになってもなんとかなりそうです。

あとは、最後が4分音符+8分音符+16分音符分だけ休符になっても不自然でないような曲を用意するということになりますが、どうなんでしょ。ループが不自然になっても普通に曲を作ったほうがいいのかなぁ。

(追記)
あるいは、MIDIファイル自体に何ループ分か曲データを入れておく手もあるな。それでも長さが足りないときは、いったんフェードアウトしてから先頭に戻ればごまかせるかもしれない。プログラムでフェードアウトするのは面倒なので、当然曲データ自体をフェードアウトさせておく。

tag : ケータイ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。