スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Portable Ubuntu + Go

Googleが発表して何かと話題になっている新言語Goを試してみたいと思い、昨日からゴニョゴニョやってます。

ただ、Windows上でGoを動かすのはまだいろいろ面倒があるみたいなので、何かいい方法がないかと探してみたらPortable Ubuntuというのが見つかりました。昔試したことがあるcoMomongaと同様にcoLinuxを使っているんですが、やってみたらPortable Ubuntuのほうがずっと簡単でした。

以下、覚え書き。

1. Portable Ubuntuをインストール。Portable Ubuntuのサイトには大きく分けてUNO版とDOS版の2系統が置かれているようなんですが、こちらのサイトでインストール手順が詳しく紹介されているのがUNO版のほうみたいだったので、そちらを入れました。

2. Goをインストール。こちらで、Portable UbuntuにGoをインストールという、まさに求めた答えが紹介されているのでそのとおりにしました(というか、この記事が見つかったからPortable Ubuntuを選択した)。
ただし、Portable Ubuntuのバージョンが古いせいか、sudo aptitude ...という一連のコマンドが実行できませんでした。これはaptitudeがインストールされていないだけみたいなので、Synapticパッケージ・マネージャからaptitudeを入れてやれば大丈夫でした。

これだけです。まだHello worldしかやってみてませんが、一応Goを追っかける準備はできたということで。

(追記)
Portable UbuntuのDOS版(のリリース4)も後からインストールだけしてみました。が、こちらで安定性に問題があるらしきことが書かれているので、怖くてあまり触ってません。
スポンサーサイト

tag : Ubuntu Go

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。