スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵文字のテスト

i-mode絵文字:
Ezweb絵文字:
softbank絵文字:
絵文字エディター:
スポンサーサイト

ブログとTwitterの比較(独断)

いまお世話になっている会社はご兄弟で運営されているんですが、お兄さんのほうがTwitterを、弟さん(社長)のほうがブログを始められたので、自分なりにブログとTwitterの比較をしてみようかと思います。(100%独断)

★ブログ
・ある程度まとまった内容を書くのに向いている。
・あまりにも短い内容だと読んだ人ががっかりするかも。
・書くのにそれなりの気合が要る。(通常のWebサイトほどではないが)
・基本的に書く人→読む人という一方通行的な面がある。
・情報を発信したい人向け。
・コメント欄が会話的になることもあるが、リアルタイムではない。
・ブログ上での人同士のつながりを感じることはあまりない。(コメント欄くらい)
・写真などを貼りやすい。
・数年前は新興メディアだったが、もうすっかり定着した。

★Twitter
・まとまった内容を書くのにはあまり向かない。
・もともと短くしか書けない。(長い内容は細切れになる)
・気楽に書ける。
・書きながら、他の人の発言も読む。双方向的。
・発信もするが、受信もたくさんしたい人向け。
・タイミングが合えば、リアルタイムに近い会話が発生することもある。
・参加者同士のゆるいつながりが特徴。つながってないようでつながってる。
・写真などは、別サービス(TwitPicなど)へのリンクを貼る形になる。
・現在、流行爆発中。

こんな感じでしょうか。うまく使えば、どちらも会社のアピールに有用だと思うので、細く長く続けるのがいいのではないでしょうか。

最後に、紹介を。

Webサイト:株式会社flame colour (Webデザイン、フォトスタジオ)
ブログ:フレカラsmart
Twitter:フレカラ (flamecolour) on Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。