スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auオープンアプリで曲のループをなんとかする

auオープンアプリの環境でMIDIファイルをループ再生すると、ループの継ぎ目のところで間が空いてしまいます。

これはかなりかっこ悪いのですが、プログラム側でどうにかする方法が思いつかないので、逆に曲の最後を短く切ってタイミングを合わせてみることにしました。

何度か試行錯誤してみたところ、テンポ120の曲で、4分音符+8分音符+16分音符分だけ曲を短くすると、ちょうどいい感じにループできることが分かりました。(機種はW52CA)

たまたまだと思いますが、エミュレータでもほぼ同じタイミングだったので、実機を手放してエミュレータ環境だけになってもなんとかなりそうです。

あとは、最後が4分音符+8分音符+16分音符分だけ休符になっても不自然でないような曲を用意するということになりますが、どうなんでしょ。ループが不自然になっても普通に曲を作ったほうがいいのかなぁ。

(追記)
あるいは、MIDIファイル自体に何ループ分か曲データを入れておく手もあるな。それでも長さが足りないときは、いったんフェードアウトしてから先頭に戻ればごまかせるかもしれない。プログラムでフェードアウトするのは面倒なので、当然曲データ自体をフェードアウトさせておく。

tag : ケータイ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。